黄暁明(ホァン・シャオミン)
1977年11月13日出生 37歳
山東省青島出身
天蠍座(さそり座)
血液型 O型
身長 180cm
体重 70kg

暁明2500
暁明2533
暁明2630
暁明9小
6720846fgw1drpyn8d5mqj.jpg
暁明1414
暁明2204
黄暁明696小暁明2205
黄暁明161
暁明2123
暁明2124
暁明2633
暁明2632
暁明2631
暁明1648小
暁明1649
暁明2300
暁明2134小
黄暁明317s
代言
暁明
暁明2291
暁明1621小
暁明1341小
暁明1647小
チャン・ツィーと
暁明2634
暗香
古装群像
神雕侠侶
楊過6
楊過7
文強127
許文強76
小宝2
ドラマシャボン130小
泡沫小
精忠岳飛s
精忠岳飛
女帝1
神槍手31
寻找微尘
唐伯虎1小
葉問59小
韓厥将軍
一場風花雪月的事
激浪青春
激浪青春
血滴子
匹夫
匹夫
黄暁明590
黄暁明69


 映画《大唐玄奘》撮影中

アルバムMoopa試聴
moopa
一听音乐网

黄暁明新浪微博
暁明ブログ
(簡体字)

自動WEBサイト翻訳
英語はgoogle
中国語・韓国語はexcite翻訳です。
各記事翻訳は「ブログ全記事表示」
を使って開く事をお奨めします。↓

プロフィール

kaimama

Author:kaimama
ある日観た武侠ドラマ「神雕侠侶」で黄暁明の目力にノックアウト!
今では男前な彼をモデルにイラストを描くのが日課の主婦です。
皆様、黄暁明の話題で楽しく一緒に盛り上がりましょう♪よろしくね!
   唐伯虎
     ↑「趣味の小部屋」
拙い落書きですが、よろしければ覘いていって下さいね。


※ご注意
取り上げた媒体の記事や私のへっぽこ中文訳によって、内容が多少異なる場合があります。その点何卒ご了解下さい。 またここで使用している写真は、黄暁明影友会と中国媒体からお借りしているものです。 私個人の絵のお持ち帰りは自由ですが、著作権は放棄していませんので、記事も含め無断で加工・転載・再配布等は決して行わないで下さい。 商用・アダルト・個人の中傷など適さないと判断した書き込みは、即刻削除させていただきます。

Chinese Star Fan Club
チャイニーズスターファンクラブ
チャイニーズスター
ファンクラブ

カレンダー&月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事+コメント

ブログ全記事表示

カテゴリー

リンク

最近のトラックバック

ブログ内検索

現在の札幌

FC2カウンター

管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新・上海グランド 37話・38話 その二 

突然聞こえてきた阿娣の怒声と黒子の泣き声に、文強は筆を止め慌てて間に立った。
文強の大切なものを弟が失くしてしまった事に深い罪の意識を感じ、彼の気持ちを思うと我が身のように悲しくて、阿娣は涙が止まらなかった。

「思い出は心の中にあればいい。どうせ全部過ぎたことだ」
…これでいいんだ。あれは…早々に手放すべきものだったんだ…。
許文強165
しかし彼が向ける優しい笑顔の裏の哀しみを、阿娣は見逃さなかった。


親玉に手配書を見せられた男達は、文強の首に懸かる3万もの賞金にすっかり目が眩んでいた。
丁度そこへ、阿娣が掻き集めた金を持って現れる。
文強は黒子から彼女が指輪を返して貰いに行ったと聞き、急いで連中のたむろする茶屋へ駆けつけた。
男共を蹴散らし弄ばれていた彼女を助け出すと、手を取りすぐにその場から走り去る。
逃げる途中急に立ち止まった阿娣は、必死の思いで取り返した指輪を文強の掌に乗せ、両手で包み込むようにそっと握らせた。

俺なんかのためにバカなことを…。
彼女の気持ちは嬉しかったが、一家を再び巻き込んでしまった事が文強には何よりも辛かった。
あいつらが追っているのは俺一人。
だが一緒にいる限り、阿娣達にもこうして火の粉は降りかかり続ける。

…俺は彼らの疫病神でしかない…。

「どんなわけがあっても、あなたのそばにいたいの」
懇願の眼差しを向ける阿娣に戸惑いながら、先に帰れと言い残し、文強は一人街へ戻って行った。


暗がりの中、突然目の前に堂々と現れた許文強。
大胆に車を奪い逃げる賞金首の後を、昼間のチンピラ共が必死で追う。
文強は上手く相手をまくと、同乗していた男を銃で殴り気絶させ、懐から指輪を取り出した。
今日の騒ぎでこれが許文強の物だと奴らは知っている。

俺のために全財産を失った一家。その償いにそばで彼らを護り、暮らしを助ける…
それを可能にする唯一の方法は…
許文強142許文強163

上海の指名手配犯「許文強」を、この香港から抹殺する事-----


愛しげに指輪を撫でながら、身を裂かれるような胸の痛みに自問自答を繰り返す。
遠く離れた愛する人との、命懸けで手に入れたたった一つの繋がり…。

…今更何を迷う。程程と見た夢は、今はもうただの幻想にすぎないのに…。一人上海を出た時、俺は許文強であることを捨てた。そしてこの指輪も、奴らに奪われた時すでに一度失ったものだ。 
なのにお前はいつまで自分を縛る気だ?今すべき事は何か、よく考えろ…!

決意したように胸ポケットに指輪を滑らせると、厳しい顔付きで上着を脱いで車内に放り込み、火を点けた車を走らせる。
やがて車は崖を転がり落ち、燃え盛る炎に一瞬にして包まれた。


スポンサーサイト


新・上海グランド 37話・38話 その一 

柔らかな朝の光があたりを包む。
指の感触にふと目覚めると、疼く右手の様子を心配げに覗き込む常貴と目が合った。
昨夜丁力が部屋を出た直後、意識を失い倒れ込んだ文強は、彼に介抱されベッドで一晩身体を休めていた。

「力の兄貴を悪く思わないで」
そう言ってうな垂れる常貴に、遠くを見つめ思い出を辿るようにゆっくりと文強は答える。
「思わないさ。俺達は命を預けあった兄弟だ。永遠にな…」
許文強124許文強123
お前もだよと、上海を追われる己を気遣い心を砕く優しい青年の首筋に手を添えると、親愛の情を浮かべ心から労う。
常貴は、切符を見つめる兄貴の表情に思い残しがあるのを感じ取った。
旅立つ前に程程との逢瀬を望む心裏を彼に見透かされ、思わず笑みを漏らす文強。
「一つ頼めるか?」


独り窓辺にもたれ、ベッドの上で空咳を繰り返す。目を開けるのも辛い様子の文強の左手には、程程に貰った思い出の赤いネクタイが握られていた。
上海にいられるのもあとわずか。このネクタイを身につけるのは、これが最後になるかもしれない-----

突然扉が叩かれる。
鉛のように重い身体をやっと引き摺り戸を開けると、陳翰林が立っていた。
ケガの心配をする彼に、すぐに背を向け平気だと頭を振る。
「話は丁力に聞いた。今すぐ街を出るんだ。車で送ろう」
そう言うと、文強の掌に金を載せ両手で力強く握り締めた。「持って行ってくれ」
文強200文強201
(11月26日、写真一部差し替えました)

彼の心遣いに思わず潤んだ目で振り返った文強は、真っ直ぐ向けてくる澄んだ瞳を見つめ、複雑な心境を覗かせた。彼の父、民衆のために命を賭した陳連山の面影が重なる。
俺は…あの人を救えなかった…。

再び視線を逸らし、遠い目をして文強は呟いた。
「行く前に会いたい人がいる」
「程程か?」
すぐにも彼女を連れて逃げたいだろうその心境が、翰林には痛いほど伝わっていた。そしてそれがもう叶わないと、文強自身が一番よくわかっていることも…。

  


新・上海グランド 34話~36話 その三 

(11月26日写真追加しました)

「常貴、いるんだろう!?」

突然ドアが激しく叩かれる。意表をついた丁力の夜更けの来訪に、常貴は肝を冷し必死で一人を装った。しかし丁力は頑として待ちの姿勢を崩さない。

俺はどうしても兄貴に会わなきゃならないんだ-----

そんな彼の気概に圧され、覚悟を決めた文強が隠し部屋から姿を見せた。

文強221文強222
常貴を外で待たせ、粗末なテーブルを挟んで対峙する二人。
やつれ痛々しい兄貴の様子に、丁力は力になれなかった悔しさを滲ませ唇を噛んだ。
「悪いな。馮さまの使いで来たんだ」
わかってるさ。お前は間違ってないと、穏やかに答える文強。

兄貴…ようやく会えた。もう何年も、こうやって顔を合わす事すら出来なかった気がする。
たとえどんなことがあっても、やっぱりあんたは…いつまでもこの俺の兄貴なんだよ。
読み書きに背広の着こなし、マナー、何から何まで一から教え励まし、俺を根気強く育ててくれたな…。
馮の許で働き、贅沢な暮らしをするという俺の夢は、全部叶っちまった。今では何でも手に入る。

…でも…兄貴がいなければ…今日の俺はいないはずだ。
許文強90
懐かしい日々が蘇り、文強を見つめる丁力の目から大粒の涙がこぼれた。

…ばかだな、兄弟。今更そんな昔の事に囚われるな。これも全ては運命だったんだ。
何も言わず、お前の使命を果たせ。
人生の幕引きがお前なら…俺は本望だ。

かすかな笑みを浮かべ、文強は静かに口を開いた。
許文強91

「…やれよ。恨みはしない」




新・上海グランド 34話~36話 その二 

(11月26日写真差し替えました)

「兄貴、しっかりして…!」

文強204
丁力だと思い込んだ人物の違和感にすぐに気付いた常貴は、一足早く祥叔を出し抜き文強を自宅へ連れ帰っていた。
無数の深い刀傷。血で張り付いた衣服を引き剥すごとに傷口が裂け、耐え難い激痛が文強の意識を度々遠退かせた。水とタオル、僅かな医薬品しかない中、苦しみのたうつ兄貴を必死で励まし、涙ながらに手当てを続ける常貴。
文強205文強206
その献身的な看護により重症ながら一命を取り止めた文強は、彼の父が造ったと言う隠し部屋に密かに匿われる。

文強207文強208
…ああ、俺はまだ…生きてるんだな…。

あの時、目的さえ果たせるなら、我が身がどうなろうと知った事ではなかった。
もう俺のために誰も犠牲になってほしくない。その思いとは裏腹に、大切なものが目の前で無残に奪われてゆく。
許文強97
艶、君の気持ちに俺は何も応えてやる事が出来なかった。それなのにそんな己を庇い、幸せだと…自分の分まで生きろと…君はそう言ってくれた。
君が与えてくれたこの命に唯一報いるとすれば、それは、今この瞬間を精一杯生き抜くことなのかもしれない…。

不自由な身体で真っ暗な部屋に灯りを点し、全身に走る痛みを紛らすように銜え込んだ煙草の煙を大きく吸い込む。
ふと思いついたように、右のズボンのポケットをまさぐると、札の中から血に染まる白い紙きれが現れた。
【結婚指輪の受け渡し証】
文強209
文強の脳裏に、程程の決意を込めた言葉が蘇る。

あなたについていく-----

…そうだ。結婚指輪を取り、この街を出るんだ。彼女と歩む希望が、俺にはまだある。

文強211文強213
隠し部屋を出た文強は、危険だと引き止める常貴へ決死の覚悟を覗かせた。
愛する人と二人で生きて行く、そのために…!




新・上海グランド 34話~36話 その一 

山口香子の釈放と劉明の始末を依頼するため、馬署長のもとを訪れた祥叔。

暫くして天龍会のアヘンの一掃に警察の力を借りようとやってきた許文強は、彼を馮の使いと勘違いした馬との会話で劉明の身が危険に晒されている事を知る。
許文強55

その頃、晴れて自由の身になった山口を、馮敬堯はフランス租界警察署前で出迎えていた。
山口が去った直後、背に浴びせられた視線に気付き徐に振り返る。
そこにいたのは自分に盾突いた男、紛れもなくあの許文強…。
二人は暫し微動だにせず対峙した。
娘程程にほだされ不本意ながら謝罪の機会を与えた馮だったが、文強の表情を見ればこの男の意志が何一つ変わっていない事は明白だった。面目を潰すだけでは飽きたらず、娘を悲しませる結果を招いた許文強への憤りを眼に込め、馮は無言で車に乗り込む。
走り去る車を、文強は帽子のツバに手をやり静かに見送った。
馮敬堯との真の決別。もう後戻りは出来ない。


雨に打たれ熱を出した程程を気遣い、ずっとそばで彼女を励まし続ける丁力。
憔悴しベッドで臥せる娘の姿に、馮は複雑な心境を覗かせた。

程程がどんなに願っても、文強は配下には二度と戻らん。丁力が婿ならこんな悩みなど無かったものを…。


兄弟子劉明のために馮と天龍会を敵に回した許文強を心配し、阿三ら精武門の門弟達が彼のもとへ駆け付けていた。だが我等のところに身を寄せてはというその申し出を、文強は頑なに拒んだ。
群れるのはもうご免だ-----
あの北京での悪夢。この上海で失った多くの部下達。自分の過ちで誰かを犠牲にするなど、もうこりごりなんだ…。
「一人は慣れてる」冷めた言葉が口をつく。
程程、丁力…彼らとの縁を断ち切る道を選んだのは、結局己自身なのだ。
劉明を救った事に後悔はない。むしろあの時友を見捨てていたなら、俺は自分を決して許せなかっただろう。
…馮の部下になった瞬間から、すでに運命は決まっていたのかもしれない。
そして心のどこかでこの時が来るのを、俺はずっと懼れ続けてきたんだ…。


「お嬢様はお出掛けになってお戻りはまだです」

許文強52
文強は気落ちしたように受話器を置いた。
程程を深く傷つけたまま、何も出来ずただ時だけが過ぎていた。
理性と欲求の狭間で、ずっと葛藤し続けてきた文強。
己のエゴに大切な程程を巻き込めないと頭ではわかっていても、彼女を必死に求め渇望する自分がいる。感情を押し殺そうとすればするほど、心の奥底から湧きあがる思いは、ますます膨れ上がっていった。

程程…もし叶うのなら、君と共に-----






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。